やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2019/08/20
1年で8,920億円の投資効果 中企庁発表

 事前に認定を受けた計画に基づき一定の設備投資を行った場合に、優遇税制の適用を受けられる場合があります。

 たとえば、昨年6月6日から施行された生産性向上特別措置法に基づき認定を受けた、「先端設備等導入計画」に記載された設備投資を行った場合の優遇税制として、“固定資産税の特例措置”があります。

 この“固定資産税の特例措置”は、投資した償却資産に係る固定資産税について、最長3年間にわたり軽減してもらえる制度です。ただしこの軽減については、認定をする市区町村によって、固定資産税の1/2〜ゼロまで受けられる割合に幅があります。

 この固定資産税をゼロとしている市区町村数や、「先端設備等導入計画」の認定状況等については、管轄庁である中小企業庁サイトで確認ができます。

 ○経営サポート「生産性向上特別措置法による支援」
  https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/index.html
 
 ○生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定状況について(令和元年6月末現在)
  https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/2019/190731seisansei.htm
 
 上記サイトによれば、施行から約1年経過した令和元年6月30日時点で、その間に認定をした「先端設備等導入計画」に記載されている設備投資額は、トータルで約8,920億円とのことです。
 うち、固定資産税をゼロとしている市区町村の認定に係る設備投資額は、約8,917億円でした。

 ちなみに都道府県別でみると、固定資産税をゼロとしている市区町村から認定を受けた「先端設備等導入計画」に記載されている設備投資額がもっとも多いのは、愛知県の696億7千万円でした。次いで、大阪府の510億4千万円、兵庫県の505億4千万円となっています。
 他方、台数でみると、兵庫県の5,332台が最も多く、次いで愛知県5,248台、静岡県5,009台となりました。
 ちなみに、単純に設備投資額を台数で除して計算した、1台あたりの投資額がもっとも多いのは、青森県の5,284万円で、次いで秋田県1,930万円、島根県1,765万円となっています。トータルの設備投資額が多い愛知県・大阪府・兵庫県は、1台あたりで換算すると上位10位内に入っていません。

 なお、「先端設備等導入計画」の手引は、平成31年4月1日版が現状の最新版です。お手元にある方で、これ以前のものを利用されている方は、最新版をダウンロードしておきましょう。

 ○先端設備等導入計画策定の手引き(平成31年4月1日版) (PDF形式:1,292KB)
  https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/2019/190425seisanseiSentan.pdf


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



消費税・軽減税率導入後の価格表示方法2019/08/13
マンション修繕積立金の消費税法上の取扱い2019/08/06
マンション修繕積立金の所得税法上の取扱2019/07/30
相続税の電子申告 10月スタート2019/07/23
インターネットカフェと消費税簡易課税・軽減税率2019/07/16
皇位継承と相続税・贈与税2019/07/09
給茶機レンタルと消費税軽減税率2019/07/02
平成30年度査察事案 告発件数は121件・脱税額は112億円2019/06/25
食品添加物の販売と消費税軽減税率2019/06/18
小麦の輸入販売と消費税軽減税率2019/06/11
水道料金、氷の販売と消費税軽減税率2019/06/04
軽減税率対象品目の販売がない場合における区分記載請求書等の取扱い2019/05/28
ふるさと納税に係る総務大臣の指定 6月1日以降の寄附から適用に2019/05/21
区分記載請求書に記載する合計金額を税抜とすることはできるか2019/05/14
2019年10月からの新しい請求書の記載内容2019/05/07
お問合せ
AKCグループ
520-3024
滋賀県栗東市小柿4-13-11-202
TEL:077-552-7501
FAX:077-553-2011
メールでのお問合せ